SFSの同好会「あれそれ会は、9月27日、「浦賀から久里浜へのハイキング」を催行します。会員はどなたでも参加できます。

 

「あれそれ会」では三浦半島の海岸線を歩くイベントを何回か開催してきましたが、今回は浦賀から久里浜へのルートで10km程の平坦な歩き易いコースです。
その昔、ペリーが率いる4隻の黒船が来航し、泰平の眠りから目覚めた日本は、近代国家へ向かうとともに国際社会へのデビューを飾りました。その舞台となったのが浦賀地域を歩きます。ようやく猛暑もおさまってくる時期、気持ちのいい秋空の下を歩くのはいかがでしょうか?

MAP kurihama
コース;↑上のMAP画像をクリックしてご覧ください

◇ 催行日;9月27日(木)


◇ 集合時間・場所;8:15 藤沢駅 「あれそれ会集合場所」
syuugoBasyo
Time Table;←をクリックしてご覧ください


参加申込

参加者は、「OFFICE365」⇒「サイト」⇒「チームサイト」⇒「イベント情報」⇒「伝助」から投票してください。


◇ その他;昼食は、ペリー公園かその海岸で予定しています。弁当を用意いただくか、コースの途中のコンビニで昼食を調達してください。

◇ コースの見所;

① 浦賀ドック:
一世紀以上にわたって約1,000隻にのぼる艦船等を造り続けてきたレンガ造りのドライドク(明治32(1899)年建設)です。平成15年(2003)に閉鎖されるまで、日本丸や海王丸をはじめ、青函連絡船・護衛艦などの船がこの造船所で建造されました。公開日ではないので塀の外から覗くだけです。

②川間ドック;
東京石川島造船所が、大型船の建造修理のため、当時、取締役会長であった渋沢栄一の提案によって1895(明治28)年10月に浦賀分工場として建設に着手し、1898(明治31)年に営業を開始した。浦賀ドックと同様、現在世界で4つしかないレンガで造られたドライドックの一つである。このドックは海との仕切りはなく、もはやドライにはならない。
これも塀の外から覗くだけになります。

③燈明堂;
燈明堂は浦賀港の西にあり、港に出入りする船にとって灯台の役目をしていました。慶安元年(1648)幕府の命により造られ、菜種油で灯された光は海上4海里(7.4km)を照らしたといわれています。元禄の頃から、最盛期を迎えた東浦賀の干鰯問屋の負担で維持管理を行い、明治5年(1872)に廃止されるまでの約220年間、一日も休まずに航路の安全を守ってきました。建物は明治20年代まで残っていたといわれていますが、風雨で崩壊し石垣だけが残されていました。昭和63年(1988)に、残った石垣の上に現在の建物が、当時の外観に復元されました。

④ペリー公園;
ペリー上陸を記念する公園であり、園内の中央に立つ記念碑は、1901年(明治34年)に米友協会が建立したもので、碑文は伊藤博文によるものである。毎年7月中旬には「久里浜ペリー祭」の式典が行われている。

⑤くりはま花の国;
100万本のコスモスの様々な品種が次々に開花。9月9日から10月29日にコスモスまつりが開催されます。

 

(担当/「あれそれ会」 石井) (文責/斎藤)

 

私達が提供するサービス

個人・商店・企業ホームページ制作支援:0466-52-5577へお電話を下さい
パソコンのトラブルについてのご相談及び診断を承っています。詳細記事をご覧ください。:0466-52-5577へお電話を下さい。
わいわいデジタルサロンにお越しください。詳細記事をご覧ください。:0466-52-5577へお電話を下さい。
無料でホームページを作りませんか?
いきいきシニア

SFSの取り組み

information security bookoff170new20150909

SFSのリンク先

えのしま・ふじさわポータルサイトにリックします
えのぽサポーターズクラブのご案内にリンクします。
econet
hiratuka-sport

フェイスブックSFSnet公式サイトにリックします。
今日  今日の訪問者
昨日  昨日の訪問者

今までの訪問者の合計
Since 2004/12/15