ボランティア
サイト内検索(キーワードを入力してください。)
 

ログイン(Members only)

ログインすると、左側と、フッターに投稿メニューが表示されます。 どちらのメニューでも使えます。

検索|ログイン・ログアウト
v5sfs people
 
SFSボランティアグループは、ちがさき市民活動サポートセンター(サポセン)主催の「こどたん+(プラス)2022」に参加しました。
コロナ禍での開催でオンラインを中心に行ったものです。
主として子供たちを対象にZOOM生配信によるもので、テーマは「飾れるおひな様を作ろう」。
折り紙でおひな様を一緒に作ろうというもので3か月前から検討会やリハーサルを重ねて本番にこぎつけました。
2月27日の本番では、十数名の子供たちが参加、また高齢の参加者も数人飛び入りで参加してくれ約45分の生配信は期待していた以上の結果になりました。
参加してくれた子供たち全員が作品を完成させ喜んでくれ、我々主催者側のメンバーも楽しむことができて大成功に終わりました。
今後のコロナ禍での新しい活動に結び付く貴重な経験となりました。
 kodotan1220304
 kodotan2220304
 kodotan3220304
hukuron320
去る12月1日に行われた湘南国際マラソンの給水ボランティアにSFSも団体として参加しました。
この国際マラソンは、大磯からスタートし江ノ島で折り返し大磯プリンスホテルまでのコースで参加ランナー数は2万5千人という大規模なものです。
SFSは毎年ボランティアとして参加しており、今回も江ノ島の折り返し地点での給水所でランナーへの給水活動と応援を行いました。
平均年齢が70歳の我々ですが、若いボランティアメンバーに負けずに力を振り絞って声を張り上げランナーを励ましました。
来年もまた参加します。
 marathon2019
 79107464 1768104663322818 9088795760689938432 n
hukuron320
SFSのボランティア活動として、コーラス愛好会メンバーを中心に長年行ってきた高齢者施設でのボランティアコーラス活動が、この10月で延100回を数えるまでになりました。
この活動は、施設利用の高齢者に歌を通して元気づける目的で2013年1月にスタートして毎月行っているもので、現在は月に1~2回、いくつかの施設を回ってお年寄りを元気づけています。
内容は、我々コーラスメンバーによる男声コーラスを聞いてもらうことと皆さん全員で懐かしい歌を一緒に歌うことで楽しんでもらうものです。
我々を待ってくれているお年寄りがいる限り今後も続けていきます。
 鵠生園でのボランティアコーラス
 image1 1
 image3
hukuron320

去る10月26日、27日に開催された「片瀬地区ふれあいまつり」に参加しました。
SFSとして「子ども遊び広場」のブースを設置し、その中で「スーパーボールすくい」「木工遊び」「とび出すぬりえ」のコーナーを設けて子供たちに楽しんでもらいました。
天候にも恵まれて大勢の子供たちが集まってくれて我々スタッフも一緒に楽しむことができました。
 DSCF3415 640x480
 DSCF3421 640x480
 DSCF3409 640x480
 DSCF3426 640x480
hukuron320

7月16日(火)、SFSコーラス愛好会の男声コーラスメンバーで老人ホーム訪問のボランティアを行いました。

今回訪問した施設は大庭地区にある聖隷藤沢ウェルフェアタウンで、2013年から隔月実施しているものです。

参加してくれた愛光園のシートステイ利用の皆さんと一緒に歌を歌ったり、我々のコーラスを聞いてもらったりしてのひと時でした。(文責:小野寺)

DSCF3328
DSCF3322
DSCF3305
hukuron320
Copyright © 2019.   認定NPO法人 湘南ふじさわシニアネット All Rights Reserved.