総務省デジタル活用支援プロジェクトチーム

総務省デジタル活用支援プロジェクトチーム

紹介

総務省では、国民によるデジタル活用を支援するため、「利用者向けデジタル活用支援推進事業」を全国で展開しています。
SFSは令和4年度の当該事業実施団体として認可され、令和4年9月から藤沢市の協力の下、藤沢市本庁舎、分庁舎を会場に初心者を対象にしたスマホ講習会を開始しました。
この活動のため、SFSとしては初めてグループの枠を超えたプロジェクト体制として、「総務省デジタル活動支援プロジェクトチーム」(略称:デジ活支援PT)を立上げ、取り組んでいます。

目的

高齢者をはじめとした、スマホ等のデジタル機器・サービスに不慣れな方々向けに、それらの操作・利用方法の基礎を学ぶ講習会を実施し、受講後、習ったサービスの利用が一人で出来るようになり、誰もがデジタル化の恩恵を受けられる社会を実現することに貢献する。

特徴

執行団体の試験に合格した当プロジェクトチームのメンバーが講師となり、メールの出し方、写真の撮り方、インターネットの見方、アプリの活用方法、SNS ライン使い方、マイナンバーの取得などについて判りやすく説明しています。
大画面での説明、操作実演を行うと共に、受講者の方々へはアシスタントが細かく質問や疑問に対応し、大変判り易いと好評を得ています。
また、プロジェクトメンバーを講習グループと運用グループに分け、役割を分担し両グループが協力してスムーズで効果的な講習会の実施を目指して活動しています。

活動内容

2022年9月~2023年2月にかけて講習Gを4グループに分け、各回受講者10名に対し、
下記のスケジュールで活動しています。

問い合せ先

リーダー:田中湧次

目次
}